English
文字サイズ フォント小フォント大

法然上人と知恩院

伊藤唯眞猊下のお言葉

2017年2月

『涅槃会によせて』総本山知恩院門跡 伊藤唯眞

古くから二月十五日を釈迦入滅(にゅうめつ)の日として、諸寺では涅槃図(ねはんず)を掛け、その遺徳を偲ぶ涅槃会が行われています。法然上人も釈迦ご入滅の様子を「跋提河(ばつだいか)のほとり、沙羅(さら)林のもとにして、八十の春の天、二月十五日の夜半に、頭北面西にして滅度(めつど)に入給ひき。その時に日月ひかりをうしなひ、草木色を変じ、龍神八部禽獣鳥類にいたるまで、天にあふぎて泣き、地に伏して叫ぶ」と「三部経釈」(『黒谷上人語燈録』)で述べられています。

ところで右の「三部経釈」で注目したいのは、釈迦が入滅の際に阿難に向って信仰上の付託をなさった、と法然上人がご理解になっていたことです。その阿難への付託とは、この五濁悪世にあたって放逸邪見の人々の出離の時がないのを憐れみ、西方極楽世界の阿弥陀仏の法門こそ、悪業煩悩の衆生が生死(しょうじ)の苦を離れる道だと皆に示すのが、私(釈迦)がこの世に出てきた本意なのだ(取意)、それゆえ「汝阿難よくこのこと(浄土法門の付託)を遐代(かだい)(未来)に流通(るづう)せよ」と約束されたことを指します。

「三部経釈」はさらに続きます。「阿弥陀如来は善導和尚と化して唐土に出(い)で給い、種々の法門があっても念仏往生に過ぎたるものはなく、上は生涯を通しての念仏、下は三念五念の念仏に至るまで仏の来迎あり云々と仰せになった」と説かれたうえで、法然上人は、「釈尊出世の本懐、ただこの事にあり」と示されています。そして、善導和尚の「自信偈」を挙げ、「恩を報ずるとは誰のためか。ひとえにわれらのためではないか。このたび空しく過せばいつの日にか出離できようぞ。すみやかに信心をおこして生死の苦海を渡るべきである」と強調されています。

このような釈尊入滅に触れての法然上人の言説から、釈尊出世の本懐とその阿難への付託は浄土三部経の本意と合致していることに気づかされるべきでありましょう。「一枚起請文」の「この外に奥深きことを存ぜば、二尊(釈尊と阿弥陀仏)のあわれみに外れ本願にもれ候うべし」という遺訓を思い出してください。涅槃図を拝見して、釈迦、弥陀二尊を娑婆と浄土の教化の主と仰ぎ、涅槃会において念仏をお称えするのは理にかなったことなのです。



▲ ページのトップへ