English
文字サイズ フォント小フォント大

行事・法要のご案内

4月28日〜5月7日 京都非公開文化財特別公開

財団法人古文化保存協会主催の、京都の貴重な文化財を特別に公開する催事です。
大方丈・小方丈(重要文化財)、方丈庭園(京都市指定名勝)を特別公開いたします。
日時
 4月28日(金)〜5月7日(日) 
    9:00〜16:00
拝観料
 大人800円、中・高校生400円
 

知恩院には、大方丈(おおほうじょう)と小方丈(こほうじょう)の2つの方丈があり、どちらも寛永18年(1641)の建築、洛中随一の名書院として知られています。

大方丈は二条城と同様の書院造りの形式を備え、54畳敷の鶴の間を中心に、上・中・下段の間、松の間、梅の間、柳の間、鷺の間、菊の間、竹の間と武者隠しの部屋があり、狩野一派の筆による金箔・彩色の襖絵に彩られた豪華な雰囲気を漂わせています。

小方丈(こほうじょう)は6室から成り、大方丈と同様、襖には狩野派の絵が描かれていますが、大方丈のものとは対照的に淡彩で落ち着いた雰囲気に包まれています。

方丈庭園は、江戸時代初期に小堀遠州と縁のある僧玉淵によって作庭されたといわれる池泉回遊式の庭園で、京都市指定名勝に指定されています。大方丈・小方丈の豪壮華麗な建築と背後に迫る東山の風光とともに情緒あふれる風情を醸し出しています。

 
涅槃会
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お問い合わせ
 京都古文化保存協会 http://www.kobunka.com/別サイトへ移動します
 TEL:075−561−1795
 


行事・法要一覧に戻る 行事・法要のご案内INDEXへ

▲ ページのトップへ