English
文字サイズ フォント小フォント大

行事・法要のご案内

2月13日〜15日 涅槃会

涅槃会涅槃会は、お釈迦さまがご入滅され涅槃の境地に入られた日に行われる法要です。涅槃とは、サンスクリット語の「ニルヴァーナ」を訳したもので、「火を消した状態」を表わしています。燃えさかる煩悩(ぼんのう)の火を滅して、迷いの無くなった悟りの境地をいいます。

涅槃会にはお釈迦さまの涅槃図を掲げて法要を行います。涅槃図にはお釈迦さまが沙羅双樹(さらそうじゅ)の下で頭北面西(ずほくめんさい)のお姿で横たわり、その周りでは十大弟子や諸菩薩をはじめ鳥獣や虫類の嘆き悲しむ姿が描かれています。
知恩院では毎年2月13日〜15日の3日間、大きな涅槃図を掛けて遺教経(ゆいきょうぎょう)をお唱えして涅槃会を行います。あわせて有縁の方々のご回向も行っていますので、この機会にぜひご参拝ください。

涅槃会

回向のご案内

 


行事・法要一覧に戻る 行事・法要のご案内INDEXへ

▲ ページのトップへ