English
文字サイズ フォント小フォント大

行事・法要のご案内

2月3日 追儺式(ついなしき)

ついな式毎年2月3日の節分に追儺式を行っています。知恩院の追儺式は一風変わっており、その年の年男が、七不思議の1つである「大しゃくし」を持って諸堂を回り、豆をまいて厄払いをします。
この「大しゃくし」は長さ2.5m、重さ30圓發△覽霏腓癖で、年に1度、追儺式の時だけ使用されます。

このしゃくしは物を「すくう」という事から転じて、阿弥陀さまの「救い」を表わしているといわれ、この大きなしゃくしで衆生(しゅじょう)を救い取るという願いが込められています。たとえ三悪道に堕ちた餓鬼等でも救い取るという思いで、豆まきの際は「福は内」だけを唱和し、「鬼は外」とは言いません。
知恩院の節分は、厄払い、無病息災はもちろんのこと、阿弥陀さまのご本願に乗じて全ての人々が救われるよう祈る行事でもあります。
参拝者には、福豆をお配りしています。

2月3日(土)午後1時30分〜

 


行事・法要一覧に戻る 行事・法要のご案内INDEXへ

▲ ページのトップへ