English
文字サイズ フォント小フォント大

名宝・文化財/見どころ

トップページ > 見どころ/境内地図 > 宝物 > 法然上人行状絵図

宝物

法然上人行状絵図 (国宝)

法然上人行状絵図

元祖法然上人の生涯を描いた絵伝ですが、その誕生から入寂に至る行状のほか、法語、消息、著述などの思想もあらわし、さらには門弟の列伝、帰依者(天皇、公家、武家)の事蹟までをも含んで四十八巻に構成されています。

後伏見上皇の勅命で、比叡山功徳院の舜昌法印(後の知恩院第9世)が徳治2年(1307)から十余年をかけて制作したと伝えられ、筆者については古来諸説がありますが、様式は多様で徳治年間以前の画風を示す部分も見られます。
特に前半部は、構図、色彩ともに優れ、鎌倉後期の宮廷絵所絵師の画風を顕著に見せています。


▲ ページのトップへ