English
文字サイズ フォント小フォント大

ご回向・ご納骨・結婚式

ご納骨のご案内

改葬とは

「墓地・埋葬等に関する法律」によると、改葬とは「埋葬した死体を他の陵墓に移し、又は埋蔵し、若しくは収蔵した焼骨を、他の陵墓又は納骨堂に移すこと」をいいます。

この改葬を行うためには、市区町村長の許可を受けなければなりません。知恩院にて改葬される方は、事前に改葬許可書をご用意ください。

 

●改葬に必要な書類

  1. 改葬許可書(「改葬許可の手続き」下記参照)
  2. 申込書(知恩院所定の用紙※)

※ 知恩院での納骨申込手続きは「納骨のご案内」をご参照ください。

改葬許可の手続き(申請方法の詳細は各役所にてご確認ください。)
  1. 市町村の役所にて、「改葬許可書」を申請する。
    • 窓口が保健所となる市町村もあります。
    • 申請する際、知恩院の「納骨受入証明書」が必要な場合もあります

その際は知恩院志納所へお問い合わせください。

  1. 発行された改葬許可書に墓地管理者の証明(署名・捺印)を受ける。
    • 墓地管理者とは、お墓のあるお寺のご住職様などをさします。

お問い合わせ

志納所 受付時間 午前9時~午後4時
お問い合わせ先 法務部 志納所(ほうむぶ しのうしょ)
〒605-8686 京都市東山区林下町400(法然上人御堂)
TEL:075-531-2113(直通)/FAX:075-531-2290
※075-531-2111(代表)

▲ ページのトップへ