English
文字サイズ フォント小フォント大

国宝・御影堂大修理

トップページ > 国宝・御影堂 大修理

国宝・御影堂 大修理

国宝・御影堂

御影堂(みえいどう)は、その雄大なたたずまいから大殿(だいでん)とも呼ばれ、江戸時代初期から浄土宗を開かれた法然上人の御影をおまつりしてきたお堂です。
建築様式は唐様を取り入れた和様、大きさは、奥行35メートル、間口45メートル。周囲に幅3メートルの大外縁をめぐらすという知恩院最大の堂宇で、平面積では日本で5番目に大きい寺院建築です。寛永10年(1633)の火災により焼失しましたが、寛永16年(1639)に徳川家光によって再建され、平成14年には国宝に指定されました。

総本山知恩院では平成23年に法然上人800年大遠忌を迎えるのにあたり、この国宝・御影堂の半解体をともなう大修理を発願しました。 御影堂は、知恩院の中心建築であると同時に、次世代の人々に法然上人のみ教えを受け継いでいく使命を帯びた建物であるためです。
大修理は8年計画で屋根瓦の全面葺き替えをはじめ腐朽、破損箇所の取り替えと補修、軒下の修正、耐震診断調査に基づく構造補強などを行います。
後世に念仏信仰の中心地を引き継いでいくための大切な大修理にご協力をお願いいたします。

 

修理事業スケジュール

 

 

御影堂 大修理だより

御影堂 大修理だより

瓦志納のご案内

瓦志納のご案内

国宝・御影堂ものがたり

国宝・御影堂ものがたり

修理現場見学会


▲ ページのトップへ