English
文字サイズ フォント小フォント大

国宝・御影堂大修理

御影堂大修理だより

2015年7月 野垂木・野地板の取り付け作業 

御影堂の屋根の骨格を形作る野垂木が組み込まれ、野垂木の上に屋根を葺くための下地となる野地板が張られました。野垂木は、新しいものと再利用のものを交互に組んでいます。野地板は屋根の下から上へと順番に張られていきました。下半分は傷みにくい新しい木材、上半分は再使用される木材を使いました。

 

▲野垂木が組まれた御影堂屋根

 

▲野垂木を1本ずつ運び、組み込んでいきます

 

▲新しいもの、古いものが交互になっています

 

▲野地板は下半分に新しいもの、上半分に古いものを使用しています

 

 



▲ ページのトップへ