English
文字サイズ フォント小フォント大

国宝・御影堂大修理

御影堂大修理だより

2017年10月 棟に上がる階段の撤去

御影堂修理のために作られた工事用設備の解体が始まりました。最初に行われたのは、作業用の足場の撤去。地上28メートルの棟まで続いており、この足場を利用して棟に上がり、破風の瓦葺きと木部の修理を行っていました。素屋根の天井から吊り下げられている足場を端まで移動させ、鉄のパイプや板などを上から順番に外し、解体していきました。


工事用の足場が離されました。

 

外したパイプを上から順番に降ろしました。

 

 

 


▲ ページのトップへ