浄土宗総本山 知恩院

Chion-in Temple Autumn Illumination 2022

浄土宗総本山知恩院 秋のライトアップ2022

お坊さんに、会いに行こう。

開催期間 令和4年11.12土-12.3土 時間17:30 – 21:30 (21時受付終了)拝観場所:国宝三門周辺、友禅苑、女坂、国宝御影堂、国宝阿弥陀堂(外観のみ)、経蔵(外観のみ)、大鐘楼  拝観料:大人800円、小人400円(小・中学生)

ライトアップ開催前の3日間限定!わけあって貸切にしました!
知恩院ナイトツアー

ライトアップの公開エリアに加えて、約16年ぶりに修理を経て襖絵が戻ってきた大方丈(通常非公開)も特別拝観できるツアーです。
大方丈鶴の間にてお抹茶で一服し、御影堂で法話・木魚念仏体験をしてお念仏のみ教えにふれていただく時間もございます。
ツアー参加者貸切りの静寂に包まれた夜の知恩院をご堪能ください。

知恩院ナイトツアー
大方丈鶴の間

日程:令和4年
11.9(水) - 11.11(金)
開始時間:17:30~/18:30~
定員:各回40名様まで 
所要時間:2時間程度
料金:お1人様5,000円
(小・中学生2,500円)

  • お申込みフォームから事前予約が必要です。
  • 料金は当日受付にてお支払いください。
記念品 特別ご朱印 「尋源」

記念品 特別ご朱印
「尋源」

「法然上人の説かれたお念仏のみ教えの源に尋ねふれる」という意味があります。

聞いてみよう!お坊さんのはなし

テーマ源を尋ねる

正座じゃないといけないの?
手の合わせ方が分からない。
仏教は難しそう…。
お坊さんの話を今まで聞いたことがない。
どのようなお方も大歓迎です!
まずは、気軽に御影堂へいらしてください。
気さくなお坊さんたちが皆さまを
温かくお出迎えいたします。
お話の後、木魚にふれ「南無阿弥陀仏」と
お称えする、プチお寺体験がございます。
知恩院の荘厳な空間の中、
日常から離れた心静かなひとときを
お坊さんと味わってみませんか?

  • 状況により時間が変更になる場合がございます。
  • 堂内間隔を保つため、人数制限を行う場合がございます。
  • お申込み不要。
  • 別途ライトアップ拝観料必要。

聞いてみよう!お坊さんのはなし

知恩院七不思議のひとつ
「瓜生石」をモチーフにした
缶バッジを参加者全員に差し上げます!
※無くなり次第終了

聞いてみよう!お坊さんのはなし

MOVIE

兼実忌(総本山式衆会)

  • 兼実忌(総本山式衆会)
  • 兼実忌(総本山式衆会)

開催日:11月14日(月)、15日(火)
時間:18:00~/19:00~(各約40分)
場所:御影堂

兼実忌(かねざねき)は、法然上人に深く帰依され、「選択集」の撰述を依頼された関白九条兼実公の法要です。
ライトアップされた御影堂内で引声阿弥陀経(いんぜいあみだきょう)・甲念仏(こうねんぶつ)・五念門(ごねんもん)など、伝統的な十夜会古式(じゅうやえこしき)の差定によってお勤めされます。声明(しょうみょう)と雅楽のおりなす幽玄の美をご堪能ください。

※ご入場の際、「知恩院ライトアップ」の拝観料が必要です。

フォトコンテスト

応募締切:12月4日
(期間中は何度でも投稿が可能です)

12月中旬に入賞者を知恩院ホームページ、各SNSにて発表!

  • インスタグラムまたはツイッターの知恩院公式アカウント
    【 @chion_in】をフォロー
  • 秋のライトアップ2022で撮影した写真に
    「#ナムいフォト2022」とタグを付けて投稿してください。
  • ご入賞された方には、各SNSのダイレクトメッセージでご連絡いたしますので、
    公式アカウントを必ずフォローしていただきますようお願いいたします。
  • 最優秀賞1

    腕輪念珠

    腕輪念珠
  • 優秀賞2

    知恩院オリジナルゴマ豆腐ドレッシングセット・ボロニヤのデニッシュ詰合せ

    • 知恩院オリジナルゴマ豆腐ドレッシングセット
    • ボロニヤのデニッシュ詰合せ
拝観マップ

知恩院は浄土宗の開祖、法然上人( 1133-1212) がお念仏のみ教えを広め、入寂された遺跡に建つ由緒ある寺院です。
正式名称は華頂山知恩教院大谷寺という、浄土宗の総本山です。
江戸時代、浄土宗を信仰した徳川家康公が、当寺を京都における菩提所と定めたことから寺領が拡大され、現在の大伽藍が築かれました。

友禅苑

友禅染の祖、宮崎友禅斎の生誕300年を記念して造園された、華やかな昭和の名庭です。
池泉( ちせん )式庭園と枯山水( かれさんすい )で構成され、補陀落( ふだらく)池に立つ高村光雲作の聖観音菩薩立像が有名です。

大鐘楼

大鐘は高さ3.3m、直径2.8m、重さ約70トン。
寛永13(1636)年に鋳造され、日本三大梵鐘の1つとして広く知られています。
僧侶17人がかりで撞く除夜の鐘は京都の冬の風物詩として有名です。

経蔵

内部の天井や柱、壁面は狩野派の絵師の手によって荘厳されています。
また、徳川2代将軍秀忠公の寄附によって納められた『宋版一切経』約6千帖を安置する八角輪蔵が備えられており、その輪蔵を一回転させれば、『一切経』を読誦するのと同じ功徳を積むことができるといわれています。

※ライトアップの拝観は11年ぶり

交通アクセス

市バス
「知恩院前」下車 徒歩約5分
京都駅より206系統
三条京阪より12系統
四条河原町より31・46・201・203系統
電車
地下鉄東西線「東山」駅より徒歩約8分
京阪「祇園四条」駅より徒歩約10分
阪急「京都河原町」駅より徒歩約15分

お問い合わせ

浄土宗総本山知恩院 おてつぎ運動本部

TEL:075-541-5142