お坊さんに会いに行こう!知恩院秋のライトアップ2018
<?= 浄土宗総本山 知恩院; ?>

Chion-in Temple Autumn Illumination

お坊さん

お坊さんに会いに行こう!知恩院秋のライトアップ2018

11月2日(金)~12月2日(日) 17:30~21:30(21:00受付終了)

お坊さん
お坊さん

開催概要 -summary-

期間
2018年11月2日(金)~12月2日(日)
時間
17:30~21:30(21:00受付終了)
拝観場所
Light-up locations
友禅苑・三門楼上・女坂・宝佛殿
Yūzen-en garden, Sanmon(Main Gate), Onna-zaka, Hōbutsu-den hall
料金
Admission
大人800円、小人400円(小・中学生)
Adults(age 15 + years)¥800 / Children(age 5-14 years)¥400
[協力]
総本山知恩院布教師会
[後援]
京都府、京都市、(公社)京都府観光連盟、(公社)京都市観光協会、
(公財)京都文化交流コンベンションビューロー、京都商工会議所、
京阪電気鉄道株式会社、京都市交通局 
[協賛]
古川町商店街振興組合、宮崎友禅翁顕彰会
限定ご朱印「阿弥陀如来」授与!
Instagramで知恩院とつながろう!秋のライトアップで撮影した写真に#ナムい#知恩院 タグをつけて投稿すると、なにかが起きる?!

PR動画 -movie-

お寺にお参りに来てほしい!
その思いから今年もお坊さんたちが心を込めてPR動画に出演しました。
暗闇の三門から現れるダンディ坊主やイケメン坊主…
そんなお坊さんの日常にフォーカスしました。
本編は10月9日から順次公開しております。ぜひご覧ください!

第一弾 木魚EDM編

第一弾 木魚EDM編

ライトアップ期間中、お坊さんに毎日会える!「聞いてみよう!お坊さんのはなし」 11月2日(金)~12月2日(日)@宝佛殿

仏教のことを知らない、お寺での話を聞いたことがないようなお方も大歓迎です。
どうぞお気軽に足を運んでください。
お話の後にはお坊さんと皆さまで一緒に木魚を打ちながら
「南無阿弥陀仏」とお念仏をお称えする体験をしていただきます。
知恩院の荘厳な空間の中、日常では味わえない貴重なひとときを過ごしてみませんか?

お坊さんのはなし

お話のテーマは週替り!

①18:00~ ②18:45~ ③19:30~ ④20:15~

(各回お話15分~20分、木魚念仏体験10分程度) ※状況により時間が変更になる場合がございます。

11/5(月)~11(日)
「見つけてみよう!くらしの中の仏教」
11/12(月)~18(日)
「お坊さんが「愛」について考えてみた。」
11/19(月)~25(日)
「手から手へ...ご先祖のおかげで今がある」
11/26(月)~12/2(日)
「しあわせに生きる秘訣」
お坊さんたち

オープニングイベント「おてつぎフェス2018-Hand to Hand-」

浄土宗を開いた法然上人がお示しになられたお念仏のみ教えを
多くの人に手から手へつないでいぐおてつぎ゙ と、現代的な゙フェズを融合させた おてつぎフェス!
2016年に始まり、今年で3回目となります。

LIVE@三門下 ①17:40~ ②19:00~

  • 11/2(金) てら*ぱるむす

    知恩院に
    突如顕現!

    てら*ぱるむす
  • 11/3(土・祝),4(日) ぽくぽくすまいる

    ライトアップ限定
    お坊さんバンド
    二夜限りの復活!

    ぽくぽくすまいる

LIVE@三門下 ①17:40~ ②19:00~

  • 11/2(金) しんかんさん

    知恩院制作の紙芝居
    「シャカリキ大冒険」を
    浄土宗の劇団ひとりが限定上演!

    しんかんさん
  • 11/3(土・祝),4(日) 松鶴家ぽん

    無名で有名な
    “松鶴家ぽん”が
    笑いあり、驚きありの
    コメディーマジックを披露!

    松鶴家ぽん
(株)フェリシモ「おてらぶ」とコラボしたオリジナルラバーバンド

おてつぎフェス期間中各日先着500名様にオリジナルラバーバンドプレゼント!

株式会社フェリシモのお寺文化コミュニティ「フェリシモおてらぶ」とコラボした、おてつぎフェス限定グッズ!
僧侶が首に掛ける「輪袈裟」をイメージした、
お寺らしさのあるおしゃれなデザインになっています。

ライトアップ中の行事

阿弥陀堂にて
11月15日(木)・16日(金) 兼実忌(総本山式衆会)
阿弥陀堂にて
11月19日(月) 東京教区玉川組別時念仏会(東京教区玉川組浄土宗青年会)
三門下にて
11月17日(土)・18日(日) アルパの響き、秋の空へ...(上之山幸代)

ナムいフォトコンテスト

受付期間:11月2日(金)~12月2日(日)

知恩院のライトアップであなたが見つけた「ナムい」写真をインスタグラムで投稿しよう!
入賞者にはお坊さんからの素敵なプレゼントがあります!
あなたの写真が来年のライトアップポスターになるかも…!?

「ナムい」とは、お寺やお仏壇などにお参りし、手を合わせ、感情が高まり、心が揺さぶられることをイメージした「南無阿弥陀仏」の「南無」に由来する形容詞です。あくまでも公式にある言葉ではありませんので、柔らかく受け止めてくだされば幸いです。

お坊さん
お坊さん

応募資格

ライトアップ入場者

応募方法

  • step1

    写真を撮影

    「知恩院ライトアップ2018」で
    あなたが「ナムい!」と感じたもの
    (風景や建物、お坊さんなど)を
    携帯やカメラで撮影!

  • step2

    【@chion_in】をフォロー

    Instagramの知恩院公式アカウント
    【@chion_in】をフォロー。

  • step3

    ハッシュタグをつけて投稿

    #知恩院#ナムい
    ハッシュタグをつけて投稿。

    ハッシュタグが片方のみだと
    参加できていないことになります。

    期間中は何度でも投稿が可能です。

Instagramをお持ちでない方は
こちらからダウンロード

  • App Storeからダウンロード
  • Google playで手に入れよう

表彰

  • 来年度ライトアップ広報物に写真を掲載!

    ナムいで賞 1名 来年度ライトアップ広報物に写真を掲載!

    ※写真の画素数などにより大きく掲載できない場合がございます

    副賞:和順会館ペア宿泊券 (お坊さんの案内付き)

  • 知恩院のプライベートツアーにご招待!

    知恩院のプライベートツアーにご招待!

    動画に出演のお坊さんが境内をご案内いたします
    ※1グループ5名様まで

結果発表

12月中旬にホームページにて発表

※入賞者はホームページに写真が掲載されます
※和順会館宿泊や拝観の日程は、後日ご相談させていただきます

SNSに投稿してステッカーをもらおう

受付期間:11月5日(月)~なくなり次第終了

法然上人のステッカー

先着761( なむい) 名様に「法然上人のステッカー」をプレゼント!

宝佛殿前にある等身大パネルと撮った写真をSNS に投稿し、
宝佛殿にいるお坊さんに投稿した画面をお見せください。

知恩院 Chion-in Temple

知恩院は浄土宗の開祖、法然上人(1133-1212)がお念仏のみ教えを広め、
入寂された遺跡に建つ由緒ある寺院です。
正式名称は華頂山知恩教院大谷寺という、浄土宗の総本山です。
江戸時代、浄土宗を信仰した徳川家康公が、
当寺を京都における菩提所と定めたことから寺領が拡大され、現在の大伽藍が築かれました。

This temple is historically significant because it was here that jōdo-shū (Pure Land Sect) founder Hōnen (1133-1212) spread the teachings of “nembutsu-only” (chanting only the name of Amitabha) until his final year, and it is here that he passed away. During the Edo period (1600-1868), the present temple grounds were built when Tokugawa Ieyasu, the first shogun and jōdo-shū follower, deemed this temple to be his family temple.

拝観マップ

国宝 三門Sanmon(National treasure)

元和7(1621)年、徳川秀忠公が建立した 高さ24m、幅50mの日本最大級の木造二重門。
悟りの境地に到る「空門」「無相門」「無願門」(三解脱門)を 表すことから三門といいます。

Sanmon was erected in 1621 by Tokugawa Hidetada, the second Tokugawa shogun with fantastic architecture of early period of Edo era. It has a height of about 24 meters, a width of about 50 meters. This is the largest wooden tower gates in existence in Japan.

友禅苑Yūzen-en garden

友禅染の祖、宮崎友禅斎の生誕300年を記念して造園された、 華やかな昭和の名庭です。池泉式庭園と枯山水で構成され、 補陀落池に立つ高村光雲作の聖観音菩薩立像が有名です。

The Yūzen-en Garden was redesigned in 1954 in commemoration of the 300th birthday of Miyazaki Yūzen, the founder of the Yūzen style of dyeing. This is a famous modern garden which consists of two gardens: one that draws water from a Higashiyama spring and one in the karesansui (dry rock garden) style.

宝佛殿Hōbutsuden

平成4(1992)年に建立。和様式重層寄棟造りで、 堂内には高さ4.8mの阿弥陀如来立像、四天王が祀られています。

Constructed in 1992. The hall was built in the wayō jūsō yosemunezukuri (Japanese-style layered hipped-roof) and houses a 4.8 meters tall statue of Amitabha standing, and statues of the Four Deva Kings.

アクセス -access-

市バス
「知恩院前」下車 徒歩約5分
京都駅より206系統
三条京阪より12系統
四条河原町より31・46・201・203系統
電車
地下鉄東西線「東山」駅より徒歩約8分
京阪「祇園四条」駅より徒歩約10分
阪急「河原町」駅より徒歩約15分