行事・体験Event

法要のご案内

知恩院では、毎朝晨朝法要(朝のお勤め)から始まり、お昼の前に日中法要を行っております。
法然上人の月命日である25日と前日の24日には逮夜法要たいやほうようが行われます。
どなたでもお参りいただけます。ぜひご参拝ください。

各法要にて、ご先祖供養(ご回向)をご希望される場合は、下記「受付の流れ」よりご覧ください。

受付の流れ

晨朝法要

知恩院の一日は朝のおつとめからはじまります。
晨朝とは見慣れない漢字ですが、「じんじょう」と読み、卯の刻(今の午前6時頃)を指します。
つまり、晨朝法要とは朝に行う法要という意味であり、「おあさじ」と呼ばれています。
法要では阿弥陀如来、法然上人、歴代の住職、有縁の方々のご回向がおつとめされます。漂う香の匂い、割笏のリズムが心地よい阿弥陀経、ピンと張り詰めた僧侶の作法。日常では味わえない荘厳な雰囲気が堂内を満たします。
毎日お参りするも良し、旅行の際にお参りするも良し。仏さまや法然上人を身近に感じられ、健やかな一日を送るに相応しい朝が知恩院にはあります。

場所
法然上人御堂
法要時間
季節による~7時15分頃まで ※開始時間は下記の表をご覧ください。

晨朝法要開始時間 年間予定表

4月~5月 午前6時00分
6月~8月 午前5時30分
9月~11月 午前6時00分
12月~2月 午前6時30分
3月 午前6時00分
正月元旦(1/1) 午前6時00分
御忌大会(4/19~25) 午前5時30分
暁天講座(7/27~31) 午前5時10分
璽書伝授道場(11/19~24) 午前6時30分
伝宗伝戒道場(12/5~12/24) 午前6時50分

※都合によって時間が変更になる場合があります。

日中法要

お寺で僧侶がお経をおとなえする。
当然な光景ですが、観光や旅行では、目にされたことは少ないでしょう。
知恩院では、僧侶がお経をおとなえする姿や法要を毎日、目にすることができます。
お昼の前にみ仏さまや法然上人に食事(御霊膳・霊供膳)をお供えし、おつとめするのが「おにっちゅう」と呼ばれる日中法要です。
漂う香の匂い、心地よい鳴り物の音色、響き渡る僧侶のお念仏。

この日中法要では、み仏さまや法然上人をはじめとし、お申し込みをいただいた方々のご納骨、ご先祖供養、永代祠堂のご回向がおつとめされます。

場所
法然上人御堂 ※都合によって場所が阿弥陀堂になる場合があります。
法要時間
午前11時~11時45分頃まで ※都合によって時間が変更になる場合があります。

逮夜法要

  • 逮夜法要2

浄土宗を開かれた法然上人の月命日である25日と前日の24日におつとめされるのが、逮夜法要たいやほうようです。
逮夜法要では、ご結縁の皆さま方と一緒に一枚起請文を拝読し、法然上人へ報恩感謝の誠を捧げます。

お勤め日
毎月24日、25日
場所
法然上人御堂
法要時間
午後1時30分~2時15分頃まで ※都合によって時間が変更になる場合があります。