歴史と見どころHistory & highlights

知恩院の歴史

年表

1133年(長承 2年)
四月七日、浄土宗の開祖・法然上人、美作国(岡山県)久米南条稲岡庄に生まれる。
幼名は勢至丸。
1147年(久安 3年)
比叡山に登り源光に師事する(15歳、一説には天養2年、13歳)
1150年(久安 6年)
西塔黒谷の叡空の室に入る。法然房源空の名を受ける(18歳)
1175年(承安 5年)
東山吉水の地に草庵を結び、専修念仏を初めて布教(43歳)
1207年(建永 2年)
旧仏教の弾圧で讃岐に流される(75歳)
1211年(建暦 1年)
法然上人帰洛。大谷山上の禅房(現在、勢至堂の場所)に入る(79歳)
1212年(建暦 2年)
正月二十五日、法然上人入滅。門弟たちが終焉の地である大谷に廟堂を築く(80歳)
1227年(嘉禄 3年)
比叡山の衆徒が大谷廟堂を破却
1234年(文暦 1年)
法然上人の弟子源智が上人を開山として諸堂を興す
1517年(永正14年)
8月に火災。影像、勅伝など災いを免れる
1524年(大永 4年)
御忌鳳詔の詔勅が下り御忌大会が始まる
1530年(享禄 3年)
勢至堂の再興。後奈良天皇宸翰「知恩教院」「大谷寺」の勅額を賜う
1585年(天正13年)
豊臣秀吉、寺領百九十石の朱印状を付す
1603年(慶長 8年)
徳川家康が知恩院を永代菩提所と定め、寺領七百三石余を寄す
1604年(慶長 9年)
家康、青蓮院の地を割き、寺地堂舎を造堂
1607年(慶長12年)
後陽成天皇八宮を門跡に定める
1619年(元和 5年)
幕府が三門、経蔵を造営、2年後に竣工
1633年(寛永10年)
火災。三門、経蔵のみ災いを免れる
1639年(寛永16年)
諸堂の再建なる
1697年(元禄10年)
東山天皇、法然上人に円光大師の諡号を賜う
1710年(宝永 7年)
霊元上皇宸翰「華頂山」の勅額を賜う
1711年(宝永 8年)
法然上人五百年遠忌。中御門天皇、東漸大師の号を賜う
1761年(宝暦11年)
法然上人五百五十年遠忌。桃園天皇、慧成大師の号を賜う
1811年(文化 8年)
法然上人六百年遠忌。光格天皇、弘覚大師の号を賜う
1831年(天保 2年)
善導大師千百五十年遠忌
1835年(天保 6年)
大方丈・黒門・集会堂などの修復なる
1861年(万延 2年)
法然上人六百五十年遠忌。孝明天皇、慈教大師の号を賜う
1872年(明治 5年)
博覧会場となり、明治天皇がご臨幸される
1875年(明治 8年)
山内入信院に総本山勧学本場を設ける
1877年(明治10年)
1月の御忌法要を4月に行い、以後例となる
1880年(明治13年)
善導大師千二百年遠忌を修す
1910年(明治43年)
阿弥陀堂再建落成慶讃会が行われる
1911年(明治44年)
法然上人七百年大遠忌。明治天皇、明照大師の号を賜う。華頂女学院創立
1924年(大正13年)
浄土開宗七百五十年記念大法要
1928年(昭和 3年)
華頂会館ならびに信徒宿泊所が落成
1930年(昭和 5年)
高祖善導大師千二百五十年遠忌大法要。納骨堂が落成
1932年(昭和 7年)
宗祖降誕八百年慶讃法要を修し、勢至丸銅像を造立
1959年(昭和34年)
七百五十万霊塔落成
1961年(昭和36年)
法然上人七百五十年遠忌。昭和天皇、和順大師の号を賜う
1967年(昭和42年)
第一回おてつぎ文化講座を開講
1968年(昭和43年)
宝物館竣工。友禅苑に茶室「華麓庵」完成
1970年(昭和45年)
知恩院史料編纂所開設。和順会館起工
1972年(昭和47年)
和順会館落成
1974年(昭和49年)
権現堂落成。浄土開宗八百年慶讃法要を奉修
1980年(昭和55年)
高祖善導大師千三百年大遠忌奉修
1982年(昭和57年)
宗祖御降誕八百五十年慶讃法要奉修
1987年(昭和62年)
三上人大遠忌法要奉修
1992年(平成 4年)
昭和平成修復三門落慶法要。宝佛殿が落成
2000年(平成12年)
経蔵修復。落慶法要
2002年(平成14年)
三門、御影堂が国宝の指定を受ける
2011年(平成23年)
法然上人八百年大遠忌。集会堂修復。和順会館改築、知恩院 和順会館落成。
今上天皇、法爾大師の号を賜う