知恩院 法然上人 御忌大会

令和3年4/18〈日〉~25〈日〉

御忌大会(ぎょきだいえ)

御忌大会(ぎょきだいえ)は、法然上人がお亡くなりになられた日を期して行われる忌日法要です。
4月18日午後から25日までの8日間、御影堂にて日中・逮夜の各法要が勤められます。

御忌大会 ライブ配信

御忌大会 ライブ配信

令和3年418日~25毎日配信

YouTubeにて御忌大会の様子をライブ配信いたします。
この機会にぜひご視聴ください。

日程 時間 行事
18日 14:00~

開白逮夜法要

<導師>御門跡猊下 御親修

20:00~ ミッドナイト念仏in御忌
19日 10:30~

日中法要

<唱導師>
佐藤 龍親上人(京都教区 西方寺)

佐藤 龍親上人(京都教区 西方寺)
14:00~

逮夜法要

<導師>
秦 博文上人(大阪教区 安楽寺)

佐藤 龍親上人(京都教区 西方寺)
20日 10:30~

日中法要

<唱導師>
大津 隆範上人(京都教区 高樹院)

大津 隆範上人(京都教区 高樹院)
14:00~

逮夜法要

<導師>
御門跡猊下 御親修

21日 10:30~

日中法要

<唱導師>
大島 仁志上人(兵庫教区 光台寺)

大島 仁志上人(兵庫教区 光台寺)
14:00~

逮夜法要

<導師>
知恩院 執事長

22日 10:30~

日中法要

<唱導師>
松壽 春道上人(大阪教区 福成寺)

松壽 春道上人(大阪教区 福成寺)
14:00~

逮夜法要

<導師>
浄土宗 宗務総長

23日 10:30~

日中法要

<唱導師>
中川 法隆上人(滋賀教区 浄土寺)

中川 法隆上人(滋賀教区 浄土寺)
14:00~

逮夜法要

<導師>
鷲尾 至導上人(奈良教区 満願寺)

鷲尾 至導上人(奈良教区 満願寺)
24日 10:30~

日中法要

<唱導師>
森田 康友上人(奈良教区 興善寺)

森田康友上人(奈良教区 興善寺)
14:00~

逮夜法要

<導師>
御門跡猊下 御親修

25日 11:00~

日中法要

<御當日唱導師>
菅原 好規上人(京都教区 淨福寺)

<御當日唱導師>菅原 好規上人(京都教区 淨福寺)
14:00~

放生会

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によって、行事を変更または中止する場合があります。

山内行事

18日
22日
  • 写経会 納経法要
  • 宗門功労者表彰式
23日
  • 納骨堂参拝
24日
  • 楷定念仏奉納
  • 叙任式
25日
  • 献茶式(表千家)
  • 御廟参拝
  • 放生会
期間中
  • 御忌布教
  • 全国青少年奉納書道展

中止

14,15日
  • 吉水講詠唱奉納大会
18日
  • 高齢者招待祝賀会
20日
  • 各宗本山・官公庁・総代招待
22日
  • 高齢者寿賀式
23日
  • 宗門学校音楽法要
期間中
  • 華頂流花道展
  • 天幕伝道

延期

21日
  • 総本山待遇者叙任式

日中法要

日中法要
時間
午前10時30分(25日は午前11時)
場所
御影堂

日中法要では、法然上人を讃える節付きの諷誦文(ふじゅもん・祖師報恩の志を述べる文)の唱導(しょうどう)が行われます。この諷誦文を唱える役が、「唱導師」です。唱導師をされる方は、諷誦文の唱え方や作法を指南により半年にわたって教授されます。唱導師は、内陣中央の高座へ、御門跡猊下は、外陣寄りに設えられた高座に着かれます。
当日は紫色の衣に、浄土宗独特の七九条(しちくじょう)袈裟を被着し唱導師を勤められます。

逮夜法要

逮夜法要
時間
午後2時
場所
御影堂

後柏原(ごかしわばら)天皇から詔勅を賜ったとき、笏(しゃく)も共に下賜(かし)されました。これにちなんで、逮夜(たいや)法要では、笏を打ち拍子をとり、念仏を称えながら堂内を練り歩く「笏念仏(しゃくねんぶつ)」行道(ぎょうどう)が行われます。
逮夜法要は本来、御門跡猊下が導師を勤められますが、明治12年(1879)より宗門興隆のため、特に貢献された諸上人に御門跡猊下の御名代として御奉仕いただいております。
※ 新型コロナウイルス感染症拡大状況により、「笏念仏」行道など一部内容が変更になる場合があります。

御忌の由来

法然上人の忌日法要を「御忌(ぎょき)」と呼ぶようになったのは、大永4年(1524)に、後柏原(ごかしわばら)天皇が、「大永の御忌鳳詔」という詔勅(しょうちょく)を下されたことによります。その勅旨には、「毎年正月、京畿の門葉を集め、一七(いちしち)昼夜にわたって法然上人御忌をつとめ、はるかに教えの源をたずねよ」とあります。
ここに、御忌は勅会(ちょくえ)として定められ、1月18日よりご命日の25日まで、法要が営まれることになりました。以来、天皇の忌日法要を指す「御忌」が、法然上人に対しても用いられることになったのです。

御忌詣で

江戸時代になると、徳川家の外護(げご)を受けて慶長年間にほぼ現在の知恩院の寺域が整います。それとともに、御忌の法要もまた、法然上人の教えを慕う全国の人々が集い、ますます盛大に勤められるようになりました。当時の人々が、一年の寺参りの始めとして華やかに着飾って参拝に出かけたこともあって、御忌は「衣装競べ」とも呼ばれました。「着だをれの京を見に出よ御忌まふで」(几董)という句も残されています。また「なには女や京を寒がる御忌詣」「御忌の鐘ひゞくや谷の氷まで」(蕪村)とも詠まれていますから、冬の寒さの残る中での京都詣でだったようです。
明治10年(1877)より、多くの人々に参詣いただけるよう、旧暦の1月から、時候の良い新暦の4月に御忌が勤められるようになりました。

御忌大会

新型コロナウイルス感染症
予防対策について

知恩院では以下の感染症予防対策を実施しています。

  • マスク着用の推奨
  • 靴袋持参の推奨
  • アルコール消毒液の設置
  • 堂内の椅子席の間隔確保
  • 受付でのビニールカーテン設置
  • 御影堂の常時換気、その他室内の定期的な換気

職員も検温・受付対応時のマスク着用・手指消毒を徹底するなど、感染症予防に取り組んでおります。皆様におかれましても何卒ご理解ご協力をお願い致します。