尋源培根じんげんばいこん

総本山知恩院門跡 伊藤唯眞

尋源培根

阿弥陀仏の慈光のもと、新春をお迎えになられましたこととお慶び申し上げます。

樹木の根は地中に隠れております。しかし土中の養分を幹や葉に届け、樹勢を維持しているのは、実に根であります。地中に根が張っているからこそ樹木は大地に固定され、樹幹は太り、枝葉は茂ります。

植物が根に支えられているように、人間にもまた「根」が必要です。人々にとっての「根」、それは信仰です。信仰の根、つまり「信根」があれば、人生の嵐にも耐えられるでしょう。信根とは人の内面に存在しています。

私たちもこの信根を培おうではありませんか。信根を「つちかう」ものとは正に「お念仏」です。今年もお念仏に根ざした信仰生活で潤いのある日々を送りましょう。