めでたき本願

総本山知恩院門跡 伊藤唯眞

明けましておめでとうございます。今年も皆様にとって平安なよき年でありますことを念じております

今回は「めでたき本願」という法然上人のお言葉が出てくる法話を紹介いたします。法然上人と明遍との問答のなかに、「めでたき本願」という言葉がみられます。

明遍が「念仏を申しても心が散るばかりです。どうすれば防げましょうか」と尋ねます。上人は心の散乱は凡夫である限り避けられないので「私も力およびません」と答えられ、「散乱してもみ名を称えたならば、仏の願力に乗って往生できると心得るのが大切です」と諭されました。そして、つまるところは「おほらかに念仏を申すのが第一の事」と教えられたのでした。

人間である以上、心の散乱はだれにも避けられない。しかし、そのような凡夫でも弥陀が本願で示された念仏を称えることによってのみ、心の散乱が消滅し、往生できるのだと考えることの大事さを、法然上人は示されたのです。

そして、要は「おほらかな念仏を申すが第一の事」だと指摘されます。「おほらか」の言葉は古語では数多いことを意味します。念仏を不断に称えるなかで、煩悩錯乱が消え、往生心が増進します。上人は念仏を多く申すことを肝要とされたのです。ここで見落としてならないのは、その念仏行が弥陀の本願に順じたものであったことです。 本源は弥陀の本願にあったのです。願力を仰ぎゆらぐ事のない縁が念仏行なのです。

対談していた明遍が帰った後、居合せた聖(ひじり)たちに向って上人は次のように言われました。心を乱しながらも念仏を称えているものを救ってくださる、弥陀のなんと「めでたき本願」よと、尊く仰がれたのでした。