年頭に念うこと

総本山知恩院門跡 伊藤唯眞

明けましておめでとうございます。今年も世の中が平和で安らかに暮らせますよう願っております。
私どもが人々の平安を祈る偈文に『祝聖文』があり、知恩院では元旦に行われる修正会でお唱えしています。

「祝聖文」とは、『無量寿経』の下巻に見られる「天下和順」(国中すべてのものが和らぎ)「日月清明」(日や月が大空に輝き)「風雨以時」(時に応じて雨が降り、風が吹き)「災厲不起」(災害や疫病が発生せず)「国富民安」(国や民は豊かにまた安らかに)「兵戈無用」(武器を行使せずに戦うことなく)「崇徳興仁」(人々は徳を崇め、仁を興し)「務修禮譲」(礼儀と謙譲の道にいそしむ)の八句です。国家、社会、人間の理念、希求、実修目標などに関するものが連ねられています。

この偈文と現代社会を比べると、私たちは反省しなければならないことが非常に多いです。「兵戈無用」について考えますと、世界は国際紛争が絶えず、化学兵器の増産に向かい、原爆の存廃にも意見が対立しています。
お釈迦さまが、『法句経』において「すべてのものは暴力に怯えている。すべての生き物にとって生命が愛しい。己が身にひきくらべて殺してはならぬ。殺さしめてもならぬ」と示しておられるように、また法然上人も『逆修説法』の中で「衆生の宝にも命を持って第一の宝とす」と命の大切さを言及されていますように、命の重さを考えねばなりません。 それ故、「兵戈無用」は平和問題と直結しています。

「日月清明」を希求する地球人が、人類、動・植物など、全生命を絶滅させてしまいかねない、現代の科学が到達した「兵戈」の使用で、自らの星を潰滅してよいものでしょうか。
武器は人間が創ったものですから、自らの、手で「兵戈無用」が実現できると信じています。