行事予定Event

法要・行事おまいり

秋季彼岸会(しゅうきひがんえ)

開催日
2020年9月19日(土) ~ 25日(金)

彼岸会は、春分と秋分を中日としてその前後3日間、菩提(ぼだい)の種を蒔く(迷いから離れようとする心をおこすこと)日といわれる7日間にわたって行われます。この「彼岸」とは、もともと此岸(しがん)とよばれるこの世から、彼の岸(彼岸:ひがん)である極楽浄土に想いをはせる行事で、極楽浄土へ生まれかわりたいと願う信仰実践の期間とされています。

極楽浄土におられる阿弥陀様を想い「南無阿弥陀仏」と称え、今日ある自分を育んでくれた数多くのご先祖様や亡くなられた大切な方の追善供養につとめましょう。

本年度は、堂内換気の徹底など、新型コロナウイルス感染拡大防止策を実施した上でおつとめいたします。ご来山の前に下記の内容を必ずご確認ください。

①身体的距離を確保する為、今年は彼岸期間中の観経曼陀羅の御開帳は行いません。

②混雑などにより、身体的距離の確保が困難な場合は、集会堂にわかれてご回向いたします。

③堂内に入る際の手指消毒液による手指の消毒と堂内のマスク持参着用にご協力ください。

④志納所(ご回向受付)へは、代表者様お一人でお入りください。

⑤下足袋の持参にご協力下さい。

⑥発熱または風邪の症状がある場合は、無理をせず自宅で療養なさってください。

⑦その他、感染に関する不安などがございましたら、僧侶による代拝焼香を致しますので、郵送にてお申し込みください。

皆様には多大なご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

【 開催日 】 919(土) 25(金) 9時~16時

【 会 場 】 国宝御影堂(混雑時は集会堂も併用)

【 受 付 】 9時~16時 志納所(国宝御影堂内)

受付の流れ